女性が福利厚生で求めるものはリフレッシュできる空間!
ちょっとした工夫で演出しよう

オフィス環境で望まれるのはリフレッシュスペース

現在において女性が社会に出て働くことは必然となってきています。男性社会と呼ばれる業界や職種もあるとはいえ、女性の活躍は目覚ましいものです。女性ならではの視点やアイデア、さらには努力をして男性の中で女性がいきいきと働く社会は、素晴らしいものでしょう。

そういった中で、内閣においても「すべての女性が輝く社会づくり」と推進しています。すべての女性が輝く社会の実現に向けて、さまざまな取り組みを行っているのです。世界各国で女性が活躍するトップ・リーダーが参加した国際シンポジウムの開催もその一つ。日本は国をあげて、女性の活躍を支援しているのです。

快適に仕事をするうえで重要なことの一つとして、オフィス環境があります。デスクワークをする女性は少なくありません。同じ姿勢で長時間仕事をしていると、目や腰などに負担もかかりますし、精神的にも疲労するものです。そういった女性にとって休憩時間や、リラックスできるスペースは重要です。
実際に、働き方やその環境を題材とした研究を行っている「はたらく未来研究所」の調査によると、女性が理想とするオフィスのポイントとして、リフレッシュスペースの充実が挙げられています。

オフィスの印象で入社を決める女性も多い

入社する会社を決めるポイントとして、企業の知名度や仕事内容、福利厚生なども重要なポイントとなりますが、あわせて重要なのがオフィスの雰囲気ではないでしょうか?同調査によると、入社を決める際、女性の4人に1人はオフィスの印象を重視していることが分かりました。
印象というのは、空気や雰囲気のほか、物理的な快適空間です。働いている人たちの姿や表情から読み取れる居心地の良さもさることながら、オフィスのキレイさ、トレイの清潔さ、といった点もポイントとなっています。
さらに、企業としては、採用の際、明るく活発なコミュニケーションがある、自然に笑顔が出る雰囲気で仕事ができる環境がある、といったことを見せることは重要です。会議もできるような開放的なリフレッシュスペースを設けることは、人材獲得にも良い影響を与えるに違いありません。

オフィスにリフレッシュルームを置いているのは全体の28%

そうは言っても、現実を見ると女性が理想とするオフィス環境とは隔たりがあるようです。現在の企業において、会議室や応接室、受付スペースはあって当然のごとく設置されていますが、リフレッシュスペースを用意しているのは、わずか28%程度と少ないのが現状です。
リフレッシュスペースを設置することで、オフィスの雰囲気が変わり明るくなる、コミュニケーションが取りやすくなる、といったメリットは多いものの、快適さゆえにそこにいると「仕事をさぼっている」などと思われてしまのではないか?といった懸念があったり、設置する予算やスペースに問題があったりと、一般企業においてリフレッシュスペースを設けるのは簡単ではないようです。

一方で、リフレッシュスペースを設置している企業があるのも事実です。最近では、「社内ミーティングが快適にできることで、新鮮なアイデアが生まれる」、「さまざまな社員との交流もできることで情報収集の場になる」、「資料や書籍などが置いてあることで、知識を深めることができる」などといったメリットも着目されています。大がかりなスペースを設けなくても、ちょっとしたレイアウトの工夫でスペースを作っている例もあるようです。

ちょっとしたスペースでもコーヒーメーカーでリラックスできる空間を演出しよう

既存のオフィスの中で新たな空間を作り出す、というのは簡単なことではないでしょう。リフレッシュスペースを作るのは、現実的には難しいと考える企業も多いものです。しかし、コーヒーメーカーを利用して、リフレッシュできる空間を演出することは可能です。
マースドリンクスなら、さまざまな飲み物をその場で作れるというメリットがあります。オフィス内をパーテーションで区切ったり、テーブルとイスを用意したりするだけで、狭い空間でもリフレッシュする場所を確保できるでしょう。

忙しい時間でも本格的なコーヒーやティーが、約30秒でできあがるマースドリンクス。毎回おいしい淹れ立てのホットドリンクをいただけるのが魅力です。フレッシュリリースシステムを採用し、パックからカップに直接ドリンクを提供できるように設計されているため、ブルーワー本体が汚れることも、味が混ざってしまうこともありません。厳選されたブランドの原料から、極上のドリンクを提供します。

カフェラテやティーラテ、チョコラテなどメニューも豊富で、好みの味を選んで楽しむこともできます。非常に静かにドリンクを注出するため、マシンの音が気になる、ということもありません。いつでも、飲みたいときにホッとするドリンクを選んでリラックスする時間を持てるでしょう。
リラックスできれば、再びやる気を持って仕事に取り組むことができます。マースドリンクスを福利厚生として導入して、リフレッシュでき働きやすい、会話やアイディアがあふれるようなオフィスを演出してみてはいかがでしょうか。