企業のサステナビリティにも貢献するマースドリンクス

企業のサステナビリティにも貢献するマースドリンクス

あなたのカップにコーヒーが注がれるまで

日本のビジネスパーソンだけでなく、コーヒーは世界中で飲まれています。しかし、その産地は先進国ではなく貧しい国や地域で、しかも高地であることが多いもの。そういった地域においてコーヒーを生産して生活していくためには、児童労働もあるような状況です。このような状態では、子どもたちが教育を受けることができず、質の高い農園に発展できない可能性があります。

マースドリンクスでは、ドリンクを提供する皆様だけでなく、コーヒーや紅茶の農園を支援するプログラムを行っています。ドリンクスにおけるサステナビリティで重要な要素は、次世代につなぐ活動である、ということです。広義には環境への影響を最小限にとどめるという地球環境も含まれますが、「すべての人々に喜ばれる社会活動」を行いたいと考えています。

企業のサステナビリティにも貢献するマースドリンクスは、もともと貧しい地域で栽培されることが多いコーヒーや紅茶の農園を支援することで、作業環境を改善し児童労働をなくします。そうすれば、子どもたちには教育の機会が得られるでしょう。また、大人たちには、より高品質な豆や茶葉を安定して生産できるプログラムを実施することで、農園の収入が増え、暮らしが豊かになります 。そして、教育を受けた子どもたちが知識を農園に生かすことで、さらに質の高い農園運営が実現される、という好循環が生まれるのです。

あなたがマースドリンクスのマシンを利用してボタンを押し、コーヒーが抽出される30秒。そこにたどり着くためには、こんな裏側の物語があるのです。

サステナビリティの重要性が高まるビジネスシーン

前文で述べたたことは、マースドリンクスの「サステナビリティ」に対する取り組みです。「サステナビリティ」はマーケティングや経営戦略を考える上でトレンドになっています。

「サステナビリティ(持続可能性)」とは企業経営の健全性を示す尺度の一つです。短期的な利益を求めるだけではなく、将来にわたって事業を存続するためには、企業の価値を提供し続け、企業の利益が社会貢献につながることを意識した経営が重要視されている、ということです。主には環境保全に対する取り組みや、「エコ」に対する捉え方ですが、CSRと違い、現在のステークホルダーだけでなく、「次世代につなぐ活動」ということに重きが置かれています。

すでにラテンアメリカでは80%のCEOがサステナビリティの事業を優先すべきと考えているという調査結果もあります。地球環境の持続可能性とともに、人権の尊重による現代文明の持続可能性に取り組む、というサステナビリティは、特に南米やヨーロッパの企業では、非常に重要視される取り組みであり、日本でもその流れがきている現在、今後、義務化も含め検討されていく課題となるでしょう。

とはいえ、メーカーでもなく商品企画がメインでもないオフィスでは、「環境に対する取り組みと言われても……」と頭を抱えるのは無理もありません。

オフィスプレイスと持続可能な取り組み

しかし、義務化されなくとも企業がサステナビリティに取り組むメリットはあります。例えば、企業イメージの向上や、環境保全に対する社員のモチベーション向上も挙げられるでしょう。世界においては、自社システムのクラウド環境への意向や仮想化によって、年間2,300万ドルのコスト削減に成功したなど、ESGへの取り組みが利益に直結したという事例もあります。このように、一見、無駄な投資に思える取り組みが利益につながるケースもあるようです。

システムやオフィスそのものを見直すだけがサステナビリティではありません。例えば、あなたのオフィスのゴミについて考えてみましょう。業務上、出てしまうゴミはなかなか減らすことができませんが、机の上にあるペットボトルや空き缶が置いてある、という人もいるはずです。そこでコーヒーマシンを導入することで、それらのゴミを出さずに済むでしょう。

ところが、ただコーヒーマシンを導入しても、ゴミが多く出るものやメンテナンスが面倒なものなどさまざまです。ドリップ式にしても、結局ペーパーフィルターやコーヒーかすなどのゴミは出てしまうもの。マースドリンクスは一杯抽出型なので、今まで無駄にしていた豆やドリンクがゼロになるというメリットがあります。また、アメリカ、カナダ、イギリスではドリンクパックのリサイクルプログラムを提供するなど、パッケージや食品、マシンの廃棄に関してさまざまな取り組みを行い、環境の問題を解決しています。

環境にも貢献するオフィスで満足のひとときを

商品の開発段階から、サステナビリティの考えを取り入れ作り上げられた「環境にも人にも優しい」マースドリンクス。導入することは、オフィスのゴミを削減することだけではなく、よりグローバルな視点で社会貢献していることにつながります。

あなたのコーヒーが冒頭のようなドラマを持つことをイメージするのは簡単ではないかもしれません。しかし、確実にその持続サイクルの中で、あなたは重要な役割を果たしている一人となるのです。それが、遠く離れた子どもの将来を担っているといっても過言ではないでしょう。

すでにサステナビリティに強い関心を持っている企業はもちろん、これから取り組んでいきたいがどこから始めていいかわからないということであれば、マースドリンクスがその悩みを解決する第一歩となるはずです。社員の意識改善や満足度の向上にも役立つでしょう。

マースドリンクスは、あなたのオフィスを環境に配慮した場所に変えるアイテムとなるに違いありません。