部下とのコミュニケーションを円滑にする方法とは

部下とのコミュニケーションに苦手意識を持つ社員が増加

部下とのコミュニケーションに苦手意識を持つ社員が増加

オフィスではOJT研修をはじめとして、通常の業務についている先輩社員や上長が新人社員や部下の指導にあたることが多いです。ところが、指導をしたり面倒を見たりするのにあたって、どのようにコミュニケーションを取ったらいいのかわからない、と不安に思う若きリーダーや管理職は少なくありません。

初めて持つ部下に対して、「どう指導したらいいのかわからない」、「部下が何を考えているのかわからない」、「どのように叱ったりアドバイスしたりすれば良いのか悩む」、「こちらが伝えたいことをどのように伝えればいいのかわからない」、また、「指示したことしかやらず、自ら積極的に動こうとしない」など、さまざまな悩みや不安があるようです。

もし、あなたが同じように悩んでいるのであれば、コミュニケーションのきっかけを作ることが大切です。コミュニケーションが取れていないと、仕事上のトラブルが発生したり、業務が円滑に進まなかったりします。また、精神的なダメージを受けることもあるでしょう。

そのようなことが起こらないためにも、コミュニケーションが大切です。コミュニケーションによって世代間の格差や意識の違いを理解するとともに、部下の個性や特徴を知る必要があります。また、部下の能力を最大限まで引き出すためには、何よりの相手が話せる環境やきっかけが必要になります。しかし、どうしたらそのきっかけをつかむことができるでしょうか?

ある仕事に取り組む後輩や部下をねぎらう一言をかけよう

あなたが悩んでいる部下とのコミュニケーションは、「うまく部下が心を開いてくれない」、「自分の指示が的確に通っているか不安である」というものかもしれません。そこで、自分がかつて新人だった時のように、飲みに連れて行ったり、食事に誘ったりする方もいるでしょう。

ところが、新人によっては、時間外の拘束をいやがることも多いです。特に男性の上長が女性の新人を誘うのは、お互いに遠慮してしまいがちでしょう。これは「社内でもうまくコミュニケーションを取っているわけでもないのに、プライベートの時間まで飲みに行くのは不安」という若者心理があるためです。また、自分の時間を大切にしたいと考える若者が多いのもその理由です。

それを解決するためには、社内でコミュニケーションを取ればいいことです。朝や昼休みのちょっとした時間を使って、部下に対して仕事の具合を確認してあげたり、先日のプレゼンの報告で良かった点を褒めてあげたりすればいいのです。休憩時間に「最近はどう?」といった世間話を数分するだけでもいいのです。そのちょっとした時間、その一瞬があなたと部下の絆を深める時間になるのです。

ドリンクをコミュニケーションに添える

ドリンクをコミュニケーションに添えるもし、昼休みにコミュニケーションが取りづらい、何かとりつく島が欲しい、と考えているのであれば、その人が毎日どのようなドリンクを好んで飲んでいるか、という点に着目してみましょう。ブラックコーヒーでしょうか?それともモカやフラペチーノといった、女性が好むようなドリンクでしょうか? そして、それと合わせて、部下が落ち込んでいる時や、仕事がうまく進んでいない時に差し出しながら話をするのがポイントです。

これらを意識しながらコミュニケーションを図ることで、「この人は私のことをきちんと見てくれているし、今からアドバイスをしてくれるのだ」と信頼して、話を聞いてくれたり、自分から話をしたりしてくれるでしょう。例えば、部下が珍しく残業をしている時。あなたが業務を終えても、少しだけ時間を割くことが信頼関係の構築につながるはずです。

誰もがリフレッシュできるマースドリンクス

コーヒーを飲みたいけれど、外に買いに出かけるのは面倒だと思っている方もいるでしょう。しかし、設置によって、美味しいコーヒーが飲める、誰もがリラックスしながらコーヒーを楽しめる環境があれば話は別かもしれません。

さらに、オフィス内にはコーヒーの香りが漂いリフレッシュするとともに、マシンの周辺には人が集まる憩いのスペースになります。マースドリンクスはこのようなオフィス環境を作るサポートをしてくれるでしょう。

一杯のドリンクが、あなたにコミュニケーションのきっかけを与えてくれるのです。

誰もがおいしいと思えるドリンクをマースドリンクスで

しかし、部下の好きな飲み物がわかったところでそれを買いに行くのは大変だ、と感じる方もいるでしょう。そこで考えたいのが、マースドリンクスの導入です。

マースドリンクスは、本格的なおいしいコーヒーを飲めるというだけでなく、紅茶や日本茶、中国茶、ハーブティーなどのドリンクのほか、ホットチョコレートやカプチーノ、モカなども楽しめるのが魅力です。コーヒーの種類も多数あるので、自分の好みのものや部下の好みがきっと見つかるはずです。

さまざまなドリンクが飲めるからといって、味が混ざることはありません。常に新鮮なフレッシュパックで、カップに注がれるその時まで、デリケートな味わいをキープすることができるため、毎回淹れ立てのおいしいドリンクを飲むことができます。これであれば、誰のニーズにも一致するようなドリンクが抽出できるはずです。

また、眠そうになっている社員を見つけた際に、コーヒーを差し入れるような心づかいができれば、あなたと部下をつなげる大きなきっかけになることでしょう。

マースドリンクスは、コスパに優れ、短時間でコーヒーを作ることができるという時間効率も良さも兼ね備えているので、オフィスに導入するのにぴったりです。オフィスでのコミュニケーションを作るマシンとして活用してみてはいかがでしょうか?